シャトル側の糸継ぎ2

こんばん。今回はシャトル側の糸継ぎ2。
前回プロセス写真を載せられなかったので、その続きです(^^)

糸継ぎの時のはた結びの結び目を作りたくないなーという話です。

↓こんなとき。
シャトル側の糸継ぎ・写真1
シャトルの糸がもうない(@_@)
共糸なので別の方法もあるのですが、共糸じゃないときの話ということで(^_^;)

シャトル側の糸継ぎ・写真2
分かりやすいように色を変えますね。
新しいシャトルがオレンジで、通常ならここで古い糸と新しい糸を結んで糸始末。
なところを、、

シャトル側の糸継ぎ・写真3
新しいシャトルの糸をこんな風にくるっと輪にして、古いシャトルの糸でリバースステッチ。
このまま5目くらいやって新糸の糸始末が終わったってことにしてもいいんですが、
継ぎ目は多少違和感があるので、あまりリングの中央に継ぎ目がいかないように今回は2目。
その後、新しいシャトルに持ち替えて、普通にリング、チェインと続けると、

シャトル側の糸継ぎ・写真4
こんな感じ。
これなら、古い糸も、芯糸もダブルステッチの目を作っているので、
結ばずそのまま糸始末しても、モチーフやドイリーなら大丈夫、、ですよね? たぶん(^_^;)

シャトル側の糸継ぎ・写真5
で、それぞれ糸始末をしたのが、前回アップした上の写真。
糸を切れば、
シャトル側の糸継ぎ・写真6
こうなって、結び目なしの糸継ぎ完成です(^^)

やった(^^)(^^)

 

 

タティングレース教室やってます。
タティングレースのアクセサリー以外にも、
ドイリーやちょっとしたテクニックまで幅広く紹介させていただいてます。
ふだん疑問に思っていることもどんどん質問してください。
新しい教室は比較的席に余裕がありますよ♪
アピューさんクラス、ただ今絶賛生徒さん募集中です(^^)

 

ご訪問ありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。
ちょっといいなと思ったら下のちょうちょをクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA